プログラミング言語の種類と特徴

プログラミングを学ぶ上で覚えなくては行けない言語というものがあります。言語も使う用途によって異なってきます。そこで、プログラミングを学ぶ上でまずは覚えた言語の特徴を理解してきましょう。

 

HTML&CSS【エムエル&シーエスエス】

HTML&CSSの特徴としては、「Webページを作るための言語」である点です。HTMLはマークアップ言語、CSSはスタイルシート言語と呼ばれています。普段インターネット上で目にする様々なホームページなども、すべてこの2つの言語が中心となって作成されています。これらがない限りWebページは作成できないため、すべてのWebプログラミングを知る上での基礎となるものです。

 

具体的にはHTMLが、文章を記載する、表題や区切りを指定するなどの「文章構造」を定義し、CSSは、文字に色を付ける、太字や細字にするなどといった「文章構造の表現」を定義します。

 

HTMLとCSSだけを使ってできるWebページは、文章とそれが装飾されただけの1枚の静的なページです。これに他の言語を組み合わせることで、「静的なページ」から動きのある「動的なページ」にすることが可能になります。

 

初めてプログラムを学びたいという場合にはHTML&CSSからがおすすめです。

 

JavaScript【ジャヴァスクリプト】

JavaScriptの特徴としては、「ブラウザ上で動く言語」ということです。HTMLの中にこの言語を埋め込むことによって、Webページに様々な効果を付加することができるため、これによってHTML&CSSだけではできなかった、動きのあるWebページを作ることができます。例えば、「マウスの動きに合わせてページのデザインが変化する」ことなどが可能となります。

 

また他の多くのプログラミング言語と違い、特別な開発環境の構築がない場合でもHTMLファイルに書き込むだけで、すぐに実行テストができるという特徴があります。

 

Webサイト作成だけでなく、アプリ開発などでも使われていて、ますます注目が集まっている言語です。

 

Ruby【ルビー】

RubyはWebアプリケーションの開発で頻繁に用いられている言語です。日本人が開発を始めた言語であり、現在では非常に人気のある言語となっています。ビッグデータの扱いに向いていることから、ますますその人気が高まっています。

 

Rubyの特徴としては「コードが極めて簡潔で、直感的に理解しやすい」「オブジェクト指向を強く意識していて、構文の自由度が高い」点が挙げられます。一方で大人数で開発を行う場合などにおいて、自由度が高いがゆえに文法に統一性がないために、混乱が起きてしまいがちという欠点もあります。

 

非常に扱いやすい言語ではあるものの、Rubyだけの独自のルールなどがあるため、それに慣れることができるかどうかで好みが分かれるところです。

 

PHP【ピーエイチピー】

PHPの特徴としては、「簡単な文法」「Webに特化した言語」「Web開発の実績の多さ」が挙げられます。動的なWEBページを作るのに適した言語です。初心者が学びやすいプログラミング言語だといわれています。

 

PHPはWEBアプリケーションに特化している言語であり、HTMLの中に埋め込むことも可能となっています。また多くのWEBアプリケーションの開発で使用されているため、世界的にも高い知名度を誇っており、マニュアルや実例などが世界中に数多くあります。ウィキペディアやフェイスブックなどでも使用されている言語です。

 

PHPは負荷の大きい作業は得意ではありません。そのため大量のデータ計算が必要となる場面などでは別の言語を使用し開発が行われることがあります。

 

Java【ジャバ】

Javaの特徴としては、「どんなOSでも動かせる」「オブジェクト指向の言語」「豊富なライブラリがある」などの点が挙げられます。

 

Javaにより作られたアプリケーションは、「Java仮想マシン」というプログラム上を動くため、仮想マシンさえ動く環境であれば、どのようなOS上でも動作が可能となっています。

 

またJavaは、データや動作をまとめたものを組み合わせて新たな開発などを行うことが出来る「オブジェクト指向型」の言語です。さらに豊富なライブラリがあるため、効率よくプログラムを開発していくことができます。

 

Javaは世界で最も使用されている言語といわれています。利用者が非常に多いため、数多くの学習向けのネット情報や出版物があり、独学でも学習しやすい言語となっています。

 

jQuery【ジェイ・クエリー】

WEBサイト制作に携わっていればjQueryという言葉を耳にしたことがあるはずです。jQueryとは、簡単に言えばJavaScriptのライブラリの一種で、本来、複雑なコードを書かなければ表示されない処理を簡易的なコードで表示可能にしたものです。

 

基本はJavaScriptですので、HTMLやCSSのようなページリロードが必要な静的なものではなく、動的な演出ができるのが特徴です。例えば、クリックで表示ページの任意の場所にスクロールしたり、マウスオーバーをした際にオブジェクトの色を変更したりということです。そうすることで、サイトの閲覧者が目的の情報に簡単に辿り着けるようになったり、サイト運営者が伝えたい、注目してほしい情報を伝えやすくなるのです。

 

またそれだけではなく、フェードアニメーションや時間設定を付加することもできます。こうした処理はHTMLやCSSでは難しいため、jQueryならではの演出といえるのです。つまり、jQueryとは、WEBサイトをより魅力的にするためのちょい足しプログラムコードなのです。

 

Swift【スウィフト】

最近何かと目にする事が増えたけれど、Swiftとはなのか簡単に言いますと、それはiOS向けのモダン言語です。実質的にiPhoneとiPad向けのアプリ開発に特化した言語であり、それまでのプログラミング言語とは一線を画すものとなります。

 

iOS系のネイティブアプリ開発が、Swiftの登場で様変わりします。既存の言語でも十分なパフォーマンスが発揮出来ますが、Swiftでできることの方が多くなっており、多くのプログラマーが乗り換えを始めているのが実態です。

 

スクリプト言語のように感覚的に、新しいiOS向けのアプリ開発が実践出来るのが、Swiftでできることの最大の特徴となっています。開発にはMac製のデスクトップPC、あるいはMac製のノートPCが必須です。残念ながらWindows系PC、スマートフォン等では開発する事が出来ませんので要注意です。

 

総合的なプログラミング学習と感覚的なアプリの開発が出来ると、今業界内ではSwiftの話題で持ち切りです。既にSwiftへの切り替えが着々と進行しており、これからアプリ開発を志す学生や若者はこれを念頭に置いた方が良いでしょう。

 

Scratch【スクラッチ】

近年教育現場においては小学生の子どもたちにコンピューターのプログラミングを学ばせる方向に進んできています。そこで使われているのがScratchです。保護者の方やまたプログラミングに詳しくない人からはよく「Scratchって何?」という質問を受けます。Scratchとはアメリカのマサチューセッツ工科大学で作成された子どもでも簡単にプログラミングができるソフトのことです。小学生でもパソコンさえあれば知識を必要とせず直感的にプログラミングを覚えることができます。親しみやすく教えてくれる画面を操作しながら子どもから大人まで楽しくできるのが特徴です。Scratchを始めるにあたっては、まずScratchのサイトにアクセスする必要があります。アメリカで作られたものですが日本語に対応しているので安心して使えます。またダウンロードやソフトのインストールなどといった作業も必要ありません。Scratchでできることは自分だけのゲームやアニメーションを作れることです。出来上がった作品は他の人に公開することもできます。またその反対に他の人が作ったゲームで遊んだり、アニメーションを見たりすることもできるのです。

 

Python【パイソン】

数あるプログラミング言語の一つであるPythonは、シンプルな文法やコードの読みやすさを重視し、それによって容易かつ効率の良いプログラミング作業を実現することを目的としています。コア部分は非常に小さくつくられていますが、Pythonを好むユーザーによって作成されたライブラリーが大量に存在しており、ダウンロードして所定の設定を施せばすぐに機能を拡張することができ、動かしたいプログラムを実行できるようになります。
このような特徴を持っているPythonは機械学習で使用する言語としては最も使用頻度が高いといわれています。機械学習では大量の計算をさせなければなりませんが、PythonにはScikit-Learnという機械学習用のライブラリーが開発されており、それを活用すれば容易にシステムを構築することができます。